株式会社かいごデザイン

市川市で介護のことなら

習志野市のデイサービス「ネスト実籾」 独自の『生活リハビリ』

基本の機能訓練、そして生活リハビリ。

基本の機能訓練

ネスト実籾には3名の機能訓練指導員がおります。
利用者の方は個別機能訓練計画に従って、
体操や筋トレ、ストレッチなどの機能訓練を行っております。
機能訓練は毎日行いますが、通常は2時間から3時間程度です。
ネスト実籾は朝9時過ぎから、夕方17時前までのデイサービスで、
7〜8時間程度の滞在時間です。
入浴や昼食の時間、お昼寝の時間などありますが、
7〜8時間程度のうち2〜3時間程度の機能訓練だけですと、
リハビリ、自立支援が不十分であると考えております。
しかし、高齢の方に筋トレやストレッチなどの負荷の強い
トレーニングをそれ以上行うことは難しくなります。
そこで、従来の機能訓練をさらに強化し、保管するために
ネスト実籾では弱い負荷で長い時間行える、
弊社独自の『生活リハビリ』というものを行っております。

生活リハビリとは何か

『生活リハビリ』とは、利用者の方が1日でも長く、
自宅での生活が続けられるための支援である、と定義しています。
ですので、従来の筋肉トレーニングだけではなく、
ご自身で食事を作れる能力の維持や促進、
ご自身でトイレや入浴の出来る能力の維持や促進、
ご自身で洗濯や掃除が出来る能力の維持や促進、
といった支援を行っております。

ヘルパーの仕事は何か?

利用者の方は、料理教室で言えば、
自分で料理ができるようになりたい生徒さんだと考えています。
デイサービスに来るのは1日でも長く自立して生活をするためです。
ヘルパーが利用者の方の残存能力を奪うようなケアは
一見すると頑張っているように見えるかもしれませんが、
実は素晴らしい介護ではありません。
食事もレクレーションも入浴も排泄も、
何から何までヘルパーが行ってしまうのは、
ヘルパーの業務としては楽で実はスキルもあまりいりませんし、
時間的にも早く終わります。

これは料理教室で言えば、料理教室の先生が自分で全部作って、
美味しい料理ができました、後片付けも先生がやって迅速です。
ですが、生徒さんたちはどうでしょうか。
美味しい料理が食べられて良かったのでしょうか。
いいえ、生徒さんご自身で料理が作れるようになること、
後片付けなども自身で出来るようになることが大事です。

ネスト実籾は、利用者の方が1日でも長く、
自宅での生活が続けられるための支援をする場です。
そのために基本となる機能訓練にとどまらず、
弱い負荷で長い時間行える『生活リハビリ』にこだわっています。
利用者様たちの充実した笑顔や、お元気になっていかれる様子に
私たちは手応えとやりがいを感じております。
ぜひ一度『生活リハビリ』の現場をご見学いただければと思います。
国内だけでなく海外からの見学も対応しております。

お問い合わせ
通所介護事業所「ネスト実籾」
管理責任者 / 生活相談員 冨岡久美子(とみおかくみこ)
電話 047-471-2465

お問い合わせはコチラ