株式会社かいごデザイン

市川市で介護のことなら

マレーシアのデイサービスってこんなだろうか?

デイサービス「ネスト実籾」にマレーシア政府の労働省の方々が視察にいらっしゃいました。
マレーシア政府では今後の労働力強化のため、
女性と高齢者の活躍を推進していくそうで、
日本の先進事例として弊社の取り組みを視察されました。
みなさまとても穏やかで聡明な方達ばかりでした。
とても名誉なことですし、私たちにとって意義深い視察となりました。マレーシア政府の方の視察されている写真最初に1時間ほど弊社の取り組みについてお話しさせてもらいました。
マレーシアには介護保険制度がないので、
日本の介護保険制度についての質問や、
ネスト実籾で取り組んでいる高齢者の方に活躍していただく介護の方法に
興味をお持ちのようでした。
やはり介護記録のICT化の取り組みにも関心をお持ちいただきました。
皆さん沢山質問をしていただいたので、
用意しておいたマレーシア語のギャグは封印したままになってしまいました。
マレーシア政府の方の視察されている写真総勢20名ほどのお客様でしたので、
10人ずつ2回にわけてデイサービスの様子をご覧いただきました。
見学者の方々は御利用者様が作っていた保険証入れや、
機能訓練の様子を質問を交えて見学なさっていました。
スタッフやご利用者様よりもマレーシアの方が多くて、
もはやマレーシアのデイサービスのような感じでした。
まさにネスト実籾、マレーシア支店と言ったところでしょうか?
マレーシア政府の方から贈呈された盾の写真最後に政府の方から盾を贈呈していただきました。
「マレーシア政府労働省」と書いてあります。
今回の視察がこれからのマレーシアの女性や高齢者の方々の活躍の一助になれば
わたしたち職員にとっても、ご利用者様にとっても大変嬉しいです。
今までにもブラジルやネパールなどの海外からの見学者様がいらっしゃいましたが、
今度はどんな国の方が来て下さるのかワクワクしています。