株式会社かいごデザイン

市川市で介護のことなら

運営推進会議を行いました!

第2回運営推進会議をネスト実籾で行いました。
運営推進会議は、デイサービスの活動を公表し、
地域代表者、市役所等公的機関の代表者、ご利用者様、ご家族様から
質問、評価を受けるものです。
今回の参加者は、
習志野市東習志野地域包括支援センター センター長 脇本様
実籾コミュニティーロード商店会から小林様
ご利用者様代表2名
弊社代表取締役社長 中川
ネスト実籾 施設長 冨岡
の計6名でした。
現在取り組んでいる生活リハビリの様子を中心に写真を
ご覧いただきました。

質問の中で、
「男性はなかなか家から出てこない。
包括支援センターでも男性対象とした料理教室など、
様々なイベントを計画するが出席していただくのが難しい。」
という、話題が提起されました。
確かに、ネスト実籾でも女性のご利用者様が圧倒的に多いです。
「男性は、仕事に夢中になって、いざ退職すると
自分の居場所を見つけるのが難しいようです。」
と、社長の中川からも話が出ました。
どうやって、老後の活動を男性にも楽しんでいただけるのか?
特に介護を必要となった場合にどうすれば家に閉じこもることなく、
外の方々とのつながりを持つことができるのか?
ネスト実籾にとっての課題でもあると思いました。
ネスト実籾のご利用者様からは、
「近所の友達とは、また別の友達ができて嬉しい」
「来るのが、楽しい」
「足腰が弱いので、体操できるのが嬉しい」
などといったご意見が寄せられました。
初めは、「意見を言うのはとてもとても」と、おっしゃっていましたが、
いざとなるとためらうことなくお話しして下さいました。
とても、頼もしかったです。
商店会さんからはネスト実籾で月1回第4日曜日に開催している、
「こだわり市場」が年間事業計画に記載されていないので、
記載するようにと要望がありました。
記載漏れは弊社のミスでした。
大変失礼いたしました。
「こだわり市場」は、地域の方たちとの交流を図るためのイベントです。
商店会の皆様にも、出店などご協力いただいています。
運営推進会議は無事に終えることができました。

ご参加いただいた皆様、心より感謝申し上げます。